bestpot

bestpot

蓄熱調理ができる土鍋ができました。
10分たったら、火を止める。 あとは鍋が調理してくれます。
例えば煮込み料理。
best potなら火にかける時間は10分。※
あとは蓄熱で調理してくれます。
蓄熱調理は、鍋全体が熱を保持する事で調理を行うので、
毎日のお料理の手間を減らすことができ、
ガス代も抑えられて環境に優しく調理ができるのです。 ※火にかける時間はレシピによって変わります。
蓄熱調理を実現する2つの技術
1/1000mm 鍋と蓋との間に1000分の1ミリの 高度な切削技術。
航空宇宙産業の部品加工にも携わる1000分の1mmの誤差を保証する高精度技術で、鍋と蓋の接合部分を削り、共に隙間を無くすことで素材の味わいを逃さず無水調理が可能です。
モラトゥーラ製品を製造する中村製作所は、『リアル下町ロケット』として、航空宇宙産業の部品加工にも携わっています。
鉄鋳物の蓋 その重みで 素材の旨味を逃さない蓋。
鉄鋳物の蓋の重みにより、気密性を高めることで、素材の旨味を含んだ蒸気を循環させて、熱を逃さず、蓄熱・無水調理ができます。また、蓋の裏側にあるフィボナッチ数列で並んだ凹凸が旨味成分を含んだ水分を、効率よく鍋へ戻します。
3時間後にいただきます。
火からおろしてお出かけ、
帰ってきてすぐに「いただきます」
高い蓄熱性能を持ったベストポットなら、鍋を火からおろして買い物へ、帰宅してすぐに出来立てを食べられる程に、料理の温度を保ちます。外出で疲れていたとしても、調理の手間を省き、出来立てを食べられるのです。
ベストポットの蓄熱性能
材料は素材だけ。以上。
素材だけでもこんなにおいしい。
是非、試してみてください。
ベストポットが作り出す、素材の旨味を閉じ込め熱がまんべんなく対流する恵まれた環境によって、素材だけでもおいしい料理に変わります。しかも、誰でも簡単に出来るのです。是非、いろいろな食材を試してみてください。
分析・調査結果
ご飯のおいしさについての味覚センサー分析結果報告(暫定)